言語バージョン
革新と発展
研究開発と革新
フクタ電機は研究開発と革新を製品戦略の基本方針としております。革新的な製品によって市場で他社の製品と一線を画しています。製品の革新性で先駆けた技術力というブランドイメージを構築し、多品種少量の生産で市場競争において優位に立つことができます。革新という目標を目指し、技術力を積み上げ、先駆けの逸品で市場の最先端にいて、国際的に我がブランドの露見度を向上させます。

顧客の特性、属性、納期などによって、打診確認、慎重かつ精密な設計、量産などの開発プロセスを最適化し、製品の革新や設計の改善を行います。顧客のニーズに迅速に対応し、新たな技術と製品を創造して市場での優位性を確保します。顧客のニーズによって柔軟に組み合わせられるように全製品のモジュール化を目指します。顧客の需要を統合し、設計の目標化、業績化、モジュール化、効率化に達します。市場の需要に対応し、競争力を強化するため、今後も各方面からのご指導とご助言を頂き、改善を進めていきます。
開発チーム
製品革新はフクタ電機企業の核心となり、特徴でもあります。世界に先駆けグリーンエネルギー利用の技術開発を目指し、専門技術開発チームを作り上げ、開発技術者の育成制度を構築して全力に技術者を育ちます。研究・産官学連携研究開発企画による最先端の技術と専門知識を吸収し、絶えず発想を生み出し、開発チームの革新力と実力を積み上げます。

電動車、バス、船舶産業の核心部品-電動機の業界の先駆け的な地位を確立するために電動機を中心として各関連企業と策略連盟を結成し、グリーンエネルギー、エコ、新エネルギーに対応した最先端の製品を開発し続けています。高効率モータ、機械、電動車/船舶などの動力システムの更なる向上を図り、世界に先駆けグリーンエネルギー利用の技術開発を目指します。
研究開発の成果
  1. 民国82年に伝統的な動力モータから積極的に制御モータの開発を行い、それぞれ民国82年と86年に全国で最初のインバータ専用モータ/交流誘導サーボモータを開発した会社になって、そして民国87年に交流誘導サーボモータとして経済部工業局から主導した新製品の開発プロジェクトを取得


  2. 民国90-91年に伝統的な三相誘導モータに対して製品革新プロジェクトを展開し、「軽量型誘導モータ(アルミ枠)」を出して、軽くて短くの特徴に符合


  3. 民国92-93年に取引先のFitop社、Joson社、及びChamp Fond社とそれぞれの「変速ワイヤーロープクレーン車専用モータ」、「トレッドミル専用モータ」、「木工機械専用モータ」の技術協力開発計画を行い、これらの産業に技術革新と機電整合のベストシステム設計を提供


  4. 民国94-95年に日本商社、アメリカのお客様と「風力発電機」、「全電式電気自動車専用モータ」の共同開発計画を行うことで、台湾電機業界にて新しくの創造を達成

研究開発の成果
  1. 民国95年にチャイナスチール社から「ハイレベル電磁鋼が基礎として高価値高効率モータの整合技術」の開発連合に参加


  2. 民国96-97年に工作機械産業のスピンドルに対して(CNCフライス盤、CNC旋盤、CNC研削盤、複合加工機、専用加工機)、「スピンドルサーボモータ」のシリーズ製品を出し、「内臓式高速スピンドルモータ」の開発を展開


  3. 民国97-98年に「枠番280誘導サーボモータ」及び「小型風力発電機システム」の開発プロジェクトを展開、業界に尚更優良的な製品とサービスを提供


  4. 民国98年に裕隆自動車社から主導するLUXGEN電気自動車主要な技術開発計画に参加


研究開発の成果
  1. 民国99年に電気自動車先進動力システムの研究開発連合計画を主導、電気バス動力システムの開発を完成


  2. 民国99-100年に高雄愛河で初めての大型電気動力船のシステム開発と日月潭で初めての電気巡視船の動力システム開発を完成


  3. 民国102年に張金鋒総経理がモータローターによって国家発明創作賞に参加、創作金賞を受賞


  4. 民国103年に主導的なメーカーとして電気収集車の開発計画と電気バス共用動力計画に参加